大腸CT

富士森内科クリニック

診療メニュー
アクセス

〒192-0917
東京都八王子市西片倉3-1-21
第1みなみ野クリニックセンター2階

横浜線「八王子みなみ野駅」
徒歩5

診療時間
午前
午後

午前…9:00~12:00
午後…15:00~19:00
◎…第1•3日曜
※清川先生:木曜午後・金曜午後
・第1・3日曜午前中外来

<休診>
水•土曜午後、祝日、第2•4•5日曜

大腸CTとは

CT

内視鏡を挿入せずに、CTで大腸を撮影し、映像をコンピューター処理することで、まるで内視鏡で腸内を診るようにチェックできる検査です。大腸3D-CT検査とも呼ばれています。
大腸がんは増加が予測される一方肛門からの検査ということもあり、抵抗感がある方がいらっしゃいますが、大腸CTは検診を受ける側の抵抗感も低く精度も高まることから、内視鏡検査よりも比較的抵抗感がなく検査を受けていただけます。
性能面においても、10mm以上のポリープでは95%の感度があり、従来の内視鏡と同等以上の成績を示しています。
検査時間が短く、スムースに行なえます。

大腸CTでわかること

ポリープ・がんの有無をとらえることができるので、主に大腸がんのスクリーニング(ふるいわけ)検査として利用されています。
また同時に、肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・副腎などの大腸以外の腹腔内臓器の概略を知ることもできます。

検査の流れ

  1. 1.前検査・問診
    検査前日は3食とも注腸食と呼ばれる検査用の食事をとる必要があります。夜には、約1500mlの水に下剤を溶かし飲んで、腸の中をからっぽにします。また、検査を安全に行うために、常用薬の確認や薬のアレルギーなどをチェックします。(お薬手帳等内服薬が確認できるものをお持ちください)全身状態の把握や感染症の有無について、血液検査を行う場合があります。
  2. 2.検査の準備
    着替えやすい服装で来院してください。運転での来院は控えてください。中断できない内服薬は少量の水分で服用してください。
  1. 3.検査
    CTの台に寝て、腸の活動を抑える筋肉注射をします。次に、肛門部より空気を入れるためのチューブを挿入し、そこから空気をいれて、うつぶせ・あお向けの2方向で撮影を行います。
  1. 4.検査後
    撮影をした後、コンピュータで画像処理をして、診断します。

pagetop